歯周病セルフチェック!

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は昨日より暑さもおさまり、やや涼しいくらいです(^O^)

今朝ヤフーニュースを見ていたら面白い記事が出ていたので引用させていただきます。
歯周病についての記事なので是非参考にしてみてください。

歯周病セルフチェック! 簡単にわかる5つのポイント〈dot.〉
dot. 7月9日(土)7時0分配信より

歯周病セルフチェック! 簡単にわかる5つのポイント〈dot.〉
歯周病進行度チェック:当てはまるものにチェックしてみましょう
(『日本人はこうして歯を失っていく』より)
歯周病は、中年以降の日本人では80%がかかっている病気です。
初期は目立った症状がなく、ゆっくり進行するため、「静かな病気(サイレント・ディジーズ)」とも呼ばれ、
日本人が歯を失う最も大きな原因となっています。
しかし安心してください。歯周病は正しい知識さえあれば防ぐことができる病気なのです。
それなのに、世の中には歯周病の専門家から見て、首をかしげたくなるような不正確な情報が蔓延(まんえん)しているといいます。
そこで、歯周病の原因・治療・予防についての研究や歯科医師の教育を行っている
日本歯周病学会と、日本臨床歯周病学会が全面的に協力し、
歯周病に関する“正しい”知識の普及を目的とした初の書籍、
『日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方』(朝日新聞出版)を発売。
本書から特別に、歯周病の簡単なセルフチェックを紹介します。

*  *  *
歯周病の初期は外側から歯の状態を見ただけではわからないことが多く、痛みなどの自覚症状も乏しいため、発見が遅れがちになります。
症状に気がついて受診したときには、すでにかなり進行していることも少なくありません。
早期発見のために歯周病の症状を理解し、定期的にセルフチェックする習慣をつけましょう。

自分でチェックする際のポイントを図表にしました。ここに挙げた症状のうち、
歯肉の軽い腫れやむずがゆさ、ブラッシング時の出血などは、初期から起こりやすい症状です。
進行するにつれて、口臭や口の中の粘つき、歯肉を押すと膿や血が出るといった症状が見られるようになります。

3つ以上の項目が当てはまる人は、予防、治療のために早めに歯科医院を受診しましょう。
文末に★が付いている項目がすべて当てはまった人は、すでに重度の歯周病になっている可能性があります。
すぐに治療を始めてください。

■簡単にわかる症状のポイント

【ポイント1 歯肉の色】
 鏡を見ながら、そっと下唇をめくり返してみましょう。このとき無理に唇をひっぱらないようにしてください。
唇の裏側の淡いピンク色と、歯肉の色を比べてみて、歯肉の色が唇の裏側よりも一段薄ければ合格。
唇の裏側と同じくらいだったり、やや濃い、濃淡があるという場合は要注意です。
同じように上側の歯肉も、上唇の裏側と比較してみましょう。

【ポイント2 歯肉の腫れ】
 「歯の間の歯肉が目立って赤い」「歯を取り巻く歯肉に1ミリほどの幅の赤い縁どりがある」場合は、初期の歯肉炎の疑いがあります。
 進行すると「赤い色が濃くなる」「厚ぼったくなる」「ぷくっとした丸みが出る」「歯肉が柔らかくたるむ」といった症状が現れます。

【ポイント3 出血】
 ブラッシングのとき、歯と歯肉の境い目から血がにじんだり、歯ブラシが赤く染まるのは、歯周病の兆候です。
りんごをかじると血が出る場合は、進行している可能性があります。

【ポイント4 口臭】
 歯周病が進行すると、歯肉から排出される膿のために、独特のイヤなにおいが発生します。
かなりのにおいですが、自分では慣れてしまってなかなかわかりません。
また周囲の人が口臭に気づいたとしてもなかなか本人には言いづらいものです。
家族などごく親しい人に「私の口、におわない?」と聞いてみましょう。
パートナーやお子さん、お孫さんに口臭を指摘されて歯科医院を受診したことが、歯周病発見のきっかけになるケースは少なくありません。口臭外来のあるクリニックから歯周病専門医に紹介されてくるケースもあります。

【ポイント5 歯並び】
 歯周病がかなり進行すると、歯槽骨が吸収され、歯がグラつくようになります。
このような不安定な状態で噛み続けていると、歯が動き、歯並びが悪くなっていきます。
きちんと噛めなくなりますし、容貌まで変わってしまうこともあるのです。
歯周病セルフチェックして思い当たる点がある方は是非いしはた歯科クリニックにいらしてください。
当院ではきちんとしたコンセプトに基づいて歯周病治療を行っております(^O^)

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック