冷たい水がしみる 知覚過敏かも

こんばんは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日はお昼過ぎまでやや強い雨ででその後天気は回復しましたが、暑くない一日でした。

今回は冷たい物を召し上がる機会が増えるこの時期に特に多い冷たい水がしみる、
歯ブラシをする時に歯がしみる等の症状がある方に向けてのお話しです。
虫歯ではないのに、このようにしみる症状を知覚過敏といいます。
新患としていらっしゃるほぼすべての患者さんに歯の根元が露出している部分が見受けられます。
このようになる原因の一つは歯ブラシする時の力が強すぎることです。
歯ブラシする時の持ち方は鉛筆持ちです!!歯ブラシを握りしめて磨く方が大変多いと
思われますが必要以上に力が入るので、年月と共に歯は削れ、歯茎は後退します。
自分の歯ブラシにより自分の歯を傷つけてしまっているわけです。
ちなみ歯磨き粉を歯ブラシいっぱいにつける方がいらっしゃいますがこれは歯や歯茎を
傷つけるだけですのでやめた方が良いです。
歯磨き粉の適切な量は歯ブラシの3分の1程度です。
それ以外の知覚過敏の原因としては歯ぎしりや食いしばりもありえます。
過剰な力がかかると歯の根元のエナメル質がかけるのです。
歯に噛む面から垂直に力をかけるとちょうど歯茎の際のエナメル質が
薄い部分に応力がかかります。これは有限要素解析により明らかになっております。
その応力により薄いエナメル質が欠けると内部のしみる象牙質がむき出しになりやすいのです!!

治療としてはレジン(プラスチック)を詰める、知覚過敏防止の薬液を塗る、レーザー照射
等の治療法があります。プラスチックを詰めるのは一番効果的で、削る必要もないので
患者さんにとってもつらさはないです。
大抵の場合レジンを詰めることで症状は緩解しますが、それでもしみが
続く場合は完治するのが難しくなります。
最悪の場合は神経を取ることも視野に入れなければなりません((+_+))
まずは歯がしみた場合は気軽に歯科医院で相談をしましょう!

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック