口の中がさっぱりするPMTC

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は昨日に引き続いて過ごしやすい天気となっております。

今回は当院で終了前に最後に行うクリーニング、PMTCについてご説明致します。
患者さんの中には歯石とりをクリーニングだと考えていらっしゃる方がおりますが違います。
いしはた歯科でいうクリーニングはPMTC
(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)と呼んでおります。
患者さんにはお風呂場やシンクで洗いが行き届かないと徐々にぬめりが出来てきますが、
PMTCとはこのぬめりを落としてつるつるにすることです。とご説明しております。
実際毎日、歯ブラシなどで隅々まで磨いているつもりでも、
どうしても歯ブラシの届きにくい所 汚れがたまりやすい所が出来てしまいます。
そこでこういった磨きにくい部分のクリーニングを歯科衛生士が専門的な器械を使って行うことです。
PMTCには、虫歯や歯周病を防ぐはたらきや改善、歯質の強化とともに、
歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ、などの効果があります。痛みもなく30分程度終わります。
予防処置として大変重要ですので、口の中の健康を保ちたい方は是非積極的に予防しましょうね(^O^)

PMTCの効果
バイオフィルムの破壊
菌の菌力を弱める→虫歯になりにくい口腔になる。
歯周病及び歯肉炎の予防。
きれいな歯を保つ、口臭を防ぐ。

バイオフィルムとは
ミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜をバイオフィルムといいます。
バイオフィルムの形成過程
虫歯菌によるバイオフィルム形成過程
バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

PMTCの治療手順

歯の染め出し検査などを行い、お口の中を診査して、現在のお口の状態を説明し、今後の治療方針をご相談します。
歯石を細部まで取る
ジェルを使って歯を磨く
歯質を強化させるフッ素を塗布する
専用の器具を使って歯石を細部までとります。
重炭酸ナトリウム塩を専用の器具から吹き出して、歯の表面のヤニや茶渋などの着色をとります。
専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。
仕上げに、口の中を洗い、歯質を強化するフッ素を塗布します。
最後に、家庭でのブラッシングの指導や今後の計画を話し合います。

上記のようにPMTCは行います。いしはた歯科では
大半の患者さんが定期健診に入る前にこのPMTCを行うことを推奨しております。
みなさん歯がつるつるになるのですっきりして気持ちよかったと笑顔になります。
患者さんの中にはいつも口の中をすっきりしておきたいから月に一度はPMTCを受けたいと
毎月いらっしゃる意識の高い患者さんもおります。
PMTCに関して、その他お口の中のことで悩み、相談がある方は是非いしはた歯科までお越しください!

このような症状でお悩みの方、また顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック