歯と靴や服は同じです!!

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は冬晴れです。風もそんなに強くなく穏やかですね(^-^)

これを読んでいただいた方に考えていただきたいのですが、例えば靴や服を買ったとして
それを毎日毎日履き続けたり、着続けた場合何年くらい使えるでしょうか?
私の感覚では5年持ったら凄いと思います。例えばTシャツやスニーカーで毎日履いたら
きっと3年でダメになりますよね?仮に10万の革靴だったとしてもきっと5年も使えません。
靴や服ってお気に入りはありますが、ローテーションすることで10年とか使えます。
ところが歯に関してはローテーションなんてできません。
歯は食事を普通にする人であれば一日3回とります。そして食事の時以外にも覚醒中に
歯を噛みしめたり、あてたり、睡眠中には歯ぎしりをしたり、食いしばるかもしれません。
かぶせ物だったり、詰め物だったりこれらの人工的な物をこれだけ酷使しているのです。
口の中は目に見えない細菌も無数にいますし、非常に過酷な環境なのです。
被せた歯が5年しか持たなかったとか、前の病院でやってもらったこの歯は30万したのに6年でダメになったとか
患者さんでおっしゃる方はいますが、それを言われるとこちらは辛いです。そもそも虫歯にしたり、歯周病で歯を失った
自分にまず非があることを自覚しなくてはいけません。そして上記したように服や靴に置き換えて考えれば
歯は一度治療したら一生使えると思ったとか5年しかもたないとかそんなことは決して言えないはずです。
保険治療で被せ物は2年でやり直しができます。これは厚生省が定めていますが、つまり2年程度しかもたない
と国が考えているのでこのような補償期間があると考えるのが適当ですね!!
かぶせ物等はセメントではまり込んだり、接着してはいますが、かむ力は何十キロと出ます。
そうすればセメントだったり接着剤は破壊されて外れることは容易にわかるはずです。
私の言いたいことは歯に関してもう少し日ごろから気を使っておけばお金がかかることにはなりにくいですし、
痛い思いをすることもありません。
また歯は何度もやり替えが必要になるものです。これも患者さんは認識するべきです。
ネガティブな話ではありますが、歯に関しての考え方がめちゃくちゃな患者さんに接するとすごく残念な気持ちになるので
書かせていただきました。

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック