歯の神経の治療中と治療後の痛みについて

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は晴れてはいますが、空気が冷たいですね( *´艸`)
私は風邪がぶり返して咳が出ています。声も変なので早く治したいですね!!

今回は歯の神経の治療中の歯の痛みについてまとめました。
患者さんからすると何故神経を取ったのに痛いのかと疑問になるかと思います。

根管治療中と治療後の痛み
歯の根の治療の時に強い痛みがあり、なぜこんな痛い思いをしてまで根の治療が必要なのかと悩まれている方も多いはずです。
痛みのために治療を止めてしまう方もいます。根管治療時の痛みは人によって様々で理解されない場合も多いです。
今回は根管治療中、治療後の痛みの原因と対処法を説明します。ぜひ参考にしてください。

根の治療中と治療後の痛みの原因と治療法
1.痛みが強い時に神経を抜くと麻酔が効きにくい
歯の痛みが強い時に歯の神経を抜く抜髄を行うと、麻酔が効きにくく処置の時に痛みが強くなることがあります。
神経は痛みが強い時には、歯の中で血液が充血して腫れています。麻酔は血液を通して神経に伝わるため、充血し血液が流れていないと麻酔が効きにくくなります。
対処法
歯の神経に直接麻酔をして歯の神経を抜く処置をするか、歯の強い痛みが落ち着くまで痛み止めで様子をみます。
すぐに痛みを取りたい場合は神経を抜く処置をします。ただし、麻酔が効かない時には直接歯の神経に麻酔を入れます。かなり、痛みが強く出ます。
治療の痛みを避けたい場合は痛み止めにより歯の痛みを抑え、強い痛みが消えてきたら歯の神経を抜く処置をします。麻酔は効きやすくなっているので処置中の痛みは軽くできます。

2.根管治療のたびに激痛になる人は麻酔をしてもらう
根管治療とは歯の根の中をきれいにし、消毒していくことです。
多くの場合、歯の神経がなくなっているため痛みがない人が多いのですが、根管治療のたびに強い痛みを伴う方がいます。
歯の根の周りの痛みを感じる部分が敏感な場合や神経が部分的に残っている場合があります。
対処法
痛みがある場合は我慢せずに麻酔をしてもらうことをおすすめです。麻酔をしてしっかり治療し、早めに根の治療を終了することが重要です。
また、治療後に痛みが続いてしまう方は、痛み止めを飲むようにしてください。痛いからといって消毒を繰り返しても、痛みだけが繰り返されてしまいます。

3.根管治療後に咬むと痛みが出る時がある
根管治療の後に歯に物が当たると痛かったり、咬むと痛かったりすることがあります。
歯の根の周りには咬んだ時に硬い物や軟らかいものを判断する歯根膜という薄いクッションがあります。根の先からこの歯根膜に炎症が伝わると咬合時に痛みが出ます。
対処法
普通に咬んでも強い痛みがある時には、歯医者で治療している歯の咬み合わせを調整してもらいます。
咬む時に刺激がなくなれば楽になります。痛みが強ければ痛み止めを服用します。また、治療中の歯は安静にしておく必要があるため、咬まないように注意してください。

4.根管治療後に腫れと痛みがでてきた
根管治療後に歯ぐきの腫れや痛みが出ることがあります。今まで歯の中の細菌が多かったため、骨の中に細菌や細菌の残骸である膿が溜まってしまいます。
根管治療をすることによって、細菌の量が減り、体が今まであった膿を外に出そうと働くためです。

対処法
抗生物質と痛み止めで腫れと痛みを軽くします。
治療後、急に腫れると驚くかもしれませんが、骨の中に溜まっていた膿が出てくること自体は悪いことではありません。

5.歯の根の中に薬を入れた後に痛む
歯の根の中がきれいになったら、細菌が入り込まないように薬を詰めます。
この時、空気が入らないように圧力をかけて薬を詰めるので、その刺激で2、3日痛みが出ることがあります。
対処法
痛みが強ければ、痛み止めで対応してください。2、3日から1週間程度で痛みは軽減してきます。また、治療中の歯で咬まないようにすることも大切です。

まとめ
きちんと根の治療を行わないといけない理由
根管治療とは歯の神経が入っていた空間である歯髄腔(しずいくう)をきれいにして細菌が入り込まないように薬で密閉することです。
歯髄腔は神経が死んでしまうと細菌が繁殖し、根の先から細菌や毒素が顎の骨の中に広がっていきます。
この細菌によって副鼻腔炎や骨髄炎などの大きな病気になることもあるのです。
この歯髄腔の細菌は自然に治ることがないため、根管治療をして機械的に細菌を取り除き、新たに細菌が入らないように薬を緊密に詰める必要性があります。
根管治療をすることによって神経が死んでしまった歯でも長く使うことが可能となるのです。
上記に歯の神経の治療中の痛みについてまとめました。参考にしてくださいね(^-^)

インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック