歯周組織再生の新薬リグロスについて

こんばんは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は私は休みでしたが医院は元気に診療中でした(^-^)

さて今回の歯の話ですがリグロスという新薬についてお話します。
日本人の8割が患っているといわれる歯周病。歯を支える骨などの組織が溶けるほど進行すると、抜歯になることも多いです。歯周病は歯そのものではなく、歯を支えている歯槽骨や歯肉等の歯周病組織が細菌に侵される感染症です。
磨き残しなどで、歯と歯肉の隙間にプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が付着すると、歯肉が炎症を起こして、隙間はだんだん深くなり、「歯周ポケット」を形成して、徐々に歯槽骨が溶けて最終的には歯が抜けてしまいます。
日本人が歯を失う原因は歯周病が最も多く、虫歯を上回っています。
かなり歯周ポケットが深くなると歯肉を切開して歯の根元部分を徹底的に清掃する外科的治療(フラップ手術)が必要になります。基本治療やフラップ手術で歯周病の原因細菌を除去できれば、進行はストップし炎症は改善されます。
しかし溶けてしまった骨は元に戻せません。

手術で歯周病の進行をストップ 溶けた骨も再生可能

現在「エムドゲイン法」という歯周組織の再生法があります。こちらのエムドゲイン法には健康保険が適応されません。

再生を促す作用に注目 床ずれの薬が発端
国内でもさまざまな研究が進められており、2016年9月「リグロス」という歯周組織再生剤が国から承認されました。
当初は皮膚にできる褥瘡(床ずれ)の治療薬が開発されたましたが、骨の再生にも効果があることがわかり、歯周組織の再生治療用に実用化する研究が進みました。エムドゲインと形がよく似たゲル状の物質で、フラップ手術の際に塗布し、再生を待つという治療手段もほぼ同じです。歯槽骨やセメント質、歯根膜を作る細胞へと成長させてくれる強固な歯周組織の再生が期待できます。ただし、歯槽骨の壊れ方や程度によっては、処置をしても再生できないケースもあります。糖尿病や喫煙習慣がある人はしっかり再生しないことも多いです。
今後リグロスは歯科大学病院を中心に使用が開始され、安全性の評価が進められます。平成29年の春ごろには開業歯科医院でも治療が受けられる見込みです。
薬剤自体の費用は3割負担の人で7,000円~8,000円ほどになります。
歯周病がかなり進行してしまった歯を残すと、支えている骨だけでなく、隣の歯や周辺の骨にまで悪影響を及ぼします。
骨がかなり溶け、既に咬む機能を果たしていない歯を無理に残しても結局は抜かざるを得ないケースがほとんどです。
なにより抜かなければならない事態を避けるために、普段から丁寧なブラッシングをするなどしっかりケアをしてください。
また、ブラッシングだけでは落とせないプラークや歯石のクリーニング、歯の状態をチェックしてもらう為の定期検診を欠かさないようにしましょう。
最後にリグロスは最近出てきた新薬だけに長期の臨床的な結果がありません。その点でエムドゲインと比べて信頼性が低いと言えます。当院ではまだリグロスを入れていないのでエムドゲインのみ再生治療を行っておりますが、きちんと良い結果が
エムドゲイン使用後に出ております。確実な結果を求めるのであればエムドゲインをお勧め致します。
10年くらいたてば経てばリグロスの結果も出てくるでしょうから、信頼して使うとしたら10年後?最低でも5年後くらいのほうが良いのではないでしょうか?

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき
2018年6月14日 

©2014いしはた歯科クリニック