バクテリアセラピーとは?

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は私は休みでしたが医院は元気に診療中でした。

さて先日の日曜日に品川のバイオガイアジャパンで一日bacteriaセラピーについて勉強してきました。
それについて下記にまとめたので是非読んでみて下さいね(^-^)

予防医学の先進国からやってきたバクテリアセラピー、口内菌の管理を始めませんか?

このようなお悩みはありませんか?

お口がベタベタする
歯肉から血がでる
歯肉が腫れやすい
歯が動く
虫歯になりやすい
便秘や下痢が続いている
風邪をひきやすい
口臭がきになる
それらは体の中の菌のバランスがくずれているせいかもしれません。
ヒト母乳由来の善玉菌(L.ロイテリ菌)をとる事で、体質の改善をしてみませんか?
ちなみに人の母乳由来と書きましたが、アンデス山脈に住む女性の母乳から分離されたものだそうです。
バイオガイアさんではそれDSM17938株としてドイツで特許を取り、生きたロイテリ菌を使用しております。

バクテリアセラピーとは
スウェーデンで新しく誕生した予防医学で、すぐれた善玉菌を摂取する事により、体の中にいる菌のバランスを変え、体質を変えていく細菌療法の事をいいます。
ロイテリ菌は菌の多様性のバランスを保つオーケストラの指揮者のような存在であり、世界63か国と地域の医療機関に導入されています。
もともとヒトの体に住んでいる善玉菌を摂取して頂きますので、副作用などの体に害を与える事のない、体に優しい治療法です。
通常の歯科治療やメンテナンスに加えて、善玉菌(L.ロイテリ菌17938株)を摂取して頂くだけで、お口や体全体が健康になっていきます。

L.ロイテリ菌とは

ヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌です。

天然の抗菌物質を産生すると同時に、ヒト免疫システムの調整を行いながら、さまざまな疾患の予防・治療に働きかけます。

菌のタイプは大きく分けると3タイプ。

体の為になる「善玉菌」
体に有害な「悪玉菌」
どちらでもなく体調が悪くなると有害になることもある「日和見菌」
この3種類の菌のバランスこそが健康を維持する為の要となります。「善玉菌」が多く住んでいる口内環境だと「悪玉菌」(病原菌)は増えにくくなります。

「善玉菌」優勢の口内菌質を作りましょう~。

バクテリアセラピーで期待できる事
虫歯の原因菌を減らします。
2週間連続摂取する事で、虫歯の原因菌が約80%減少。
歯周病の原因菌を減らします。
歯科医院での専門的なケアとの組み合わせで効果は倍増します。歯周病菌が約90%減少。
胃のピロリ菌を減らします。
30日摂取後、胃炎の症状が軽減、約60%の方はピロリ菌が消滅。
アレルギー症状を軽減します。
アトピー性皮膚炎の湿疹の表面積・かゆみ、花粉症の症状が軽減します。1年で約50%湿疹面積減少。
口臭を減らします。
1週間ほどの摂取で、起床時のお口の不快感(べたべた感など)の軽減、口臭が気にならなくなったと、実感されています。
便秘・下痢の方の便通を整えます。
便の量が増えた、臭いが減ったなど、実感して頂けます。
バクテリアセラピーにより、治療の繰り返しがなくなる事が期待できますが、歯垢・歯石・着色などが付着しなくなるわけではありません。
定期健診やクリーニング(PMTC)と合わせて行う事で、相乗効果が期待できます。
実際に歯周病の歯茎の中の歯石を除去する際にロイテリ菌のタブレットを噛んでいただき、歯石除去を行うと歯周病の治りが良かったとする
研究がいくつもあるので医学的根拠に基づいております‼今後当院の患者さんにもぜひ勧めていきたいと思います(^-^)

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき
2018年8月30日

©2014いしはた歯科クリニック