根管治療で強く健康な歯に

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は北風が冷たく吹いていわゆる冬晴れです。
ダウンジャケットを着ていないと寒くて外出するのも億劫ですね(ー_ー)!!
診療は明日の午前中までやっております。もうひと踏ん張りします!

今回は歯医者でよく行う根の治療について説明致します。
歯の根の中にある神経や血管の通っている管を根管と言います。
虫歯が進行したり、亀裂や外傷などで歯髄が炎症や感染を起こした時
歯の根の治療である根管治療が必要になります。
以前ならそのような症状の場合抜歯が一般的でしたが、歯を1本失うだけで歯並びやかみあわせに影響が
あることから根管治療が行われるようになりました。
根管治療とは根の中から傷んだ神経や血管を除去し、根管内部を綺麗に清掃、消毒し
再感染を出来る限り防ぐために根の中に薬剤を詰める治療です。
根管治療は歯の基礎工事と言われるほど重要な治療です。根管はとても細く複雑なため治療も難しく
治療期間が数週間から数カ月に及ぶこともありますが、これを確実に行うことで歯根を守り
最後に装着する被せ物も長く維持することが可能です。もしも十分な治療が出来ず
細菌が残ったまま被せ物をしてしまうと、中で細菌が繁殖し、もう一度被せ物をとって治療をし直すか
場合によっては抜歯になります。近年ホワイトニングなどで白く綺麗な歯が注目されていますが
綺麗でさらに強く健康な歯であり続けるためには、虫歯があれば丁寧に治療し歯の基礎工事である
根管治療をきちんと行う必要があるのです!

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 
2018年12月28日

©2014いしはた歯科クリニック