神経治療後の歯の違和感

こんにちは!

いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。

今日の久喜は風が強めですが気持ちの良い晴天です(^O^)

今回は神経治療後の痛みについて話します。

患者さんに言われたことがあります。

他院で神経を取って銀歯を被せた歯なんだけどたまに鈍痛だったり、うずく感じがするんだよね!

神経が取り切れていないんじゃないの?とおっしゃいました。

神経の治療は正直完璧というのは中々難しいです。

何故かと言うと目で見えない部分を手探りで治療するからです。

最近マイクロスコープという顕微鏡を使って、さらに精密に治療を行うことも可能になりましたが

結局はかなり見えにくい部分を手作業で治療するわけです。

ただの虫歯治療よりあきらかに難しいです。

ある神経の治療の権威の先生は患者さんにこう言うそうです。

神経を取った歯は神経のある歯とは違うので、

日常生活を送るのに差支えない程度だと思ってください!

上記のように有名な先生が言っていると聞いて自分もそっくりそのままこれを患者さんに伝えています。

神経を取るとその歯に血液の供給がなくなるので栄養が得られずあとは劣化するだけです。

また神経をとった歯は枯れ木の枝のようにもろくなります。なので神経は出来る限り

保存しなくてはいけません。神経を取った歯が多少ひびくのは仕方がないと考えてください!

話は戻って、神経治療後の歯の痛みについてです。

これはデンタル(小さいレントゲン)を撮ると判明します。

レントゲンで歯の根っこの先に問題がある場合

これは被せてある歯を一度除去し、再度神経の治療を行う以外完治しません。

しかし、再治療は初めて神経を取った時の治療と比較して成功率が低いと言われています。

ただし、治療前よりは確実に状態は良くなりますので再治療を行うべきです。

次にレントゲンで問題のない場合

これは歯科衛生士さんが言っていたことですが、

自転車に乗った時の段差での振動、階段で走った時などに神経を治療した歯がひびく、うずく

そうです。また季節の移り変わり目や体調の良くない時にもうずくといいます。

自分は虫歯がないので歯の痛みはわかりませんが、個人差がかなりあります。

なので先ほど申し上げたように日常生活を送る上で差支えない程度であれば良しとすべきだと

思います。そもそも神経を取った時点で神経を取った歯より確実に弱いわけですから!!

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック