歯周病の研修会へ

こんばんは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は一日穏やかで温かかったですが、夜になって小雨が降ってきました。
土日とブログの更新ができなかったのですが、それは土日と歯周病の研修会に参加してきたからです。
研修会場は銀座のど真ん中。朝から晩まで日本でトップレベルを走るの講師陣のDrから講義を受けたり
実習を行いました。私は東京医科歯科大学病院にいた時は部分入れ歯を専門としており、そこまで歯周病治療の面で
強みがあるわけではなかったので今回かなりの金額を払ってしっかりと歯周病を勉強しなおそうと思ったのです。
先生方の講義中に出てくる言葉に非常に印象的な言葉があったのでここに書きます。
この研修会では歯科治療を行う上で3つのPを重要視しています。
3つのPとはprofessonal、practical、profitableの3つです。この3つがバランスよく成り立ってこそ歯科医師として
あるべき姿というものでした。professonalとは歯科医療に携わる者として、その専門的知識や、技術を学ぶことを常に
怠ってはならないとするものです。practicalはいくら専門的知識や技術を習得しても、臨床で実践しなければ生きてこない
それらの知識や技術を臨床に応用してこそ真の医療となるというものです。最後のprofitableは例え知識や技術を習得し、応用したとしても
その行為が正しく評価され患者にとっても術者にとっても有益な結果にならなければならない。それが達成されて初めてそれが継続されるのに
値するものになる。というものです。これを述べたのはアメリカの臨床歯周病学会の理事を務めたDrです。
この言葉は大変印象に残り心にすっと入ってきました。まさにその通りだと思います。せっかき勉強して学んだことは
全ては患者さんのためですからね。今日は土日に学んできたことをさっそく診療に生かしました。
また明日から診療を頑張ります!(^^)!

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック