甘いお菓子は食べる日を決めよう!

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は3日連続で35度まで上がっています。うだるような暑さとはまさにこのことですね(ー_ー)!!
しかし今夜からは台風の影響で雨が降るようです!

今回は虫歯予防に有効な一つの方法を提案します。
患者さんに4歳の男の子がいます。穴が開いている歯が2ヵ所あり、それ以外にも虫歯になりそうな歯が2カ所ありました。
彼は削るのが初めてなので相当怖かったようですが、浅い虫歯だったんので痛みなくどうにか治療が出来ました。
きっと糖分の多く含まれるお菓子かジュースを飲んでいるに違いないと考えたので、私はそのにお母さんにヒアリングしました。
聞いてみると毎日ハイチュウを食べているとのこと。これでは虫歯になって当たり前です。そこで私は彼に言い聞かせました。
毎日ハイチュウを食べているとまた虫歯になっちゃうよ。歯医者で怖い思いをするのが嫌なら毎日ハイチュウを食べるのをやめて
3日に一度食べるようにしなよと提案しました。以前からこのブログに書いているように糖分の多く含まれる
チョコ、あめ、ハイチュウ、グミ、クッキーーやヤクルト、炭酸ジュース、紅茶やコーヒーなどを飲んでいれば虫歯ができやすいのは
当然です。毎日ということがだめなのでどうしてもそういった糖分の多い食べ物を食べるのであれば間隔をあければ良いわけです。
虫歯のリスクが高いと判断したので彼はお母さんと毎月歯磨き練習に来ていますが、
これを伝えてから1か月後お母さんから私は感謝されました。
お母さんが言うには私がきちんと注意してくれたので彼が3日に一度しか、ハイチュウを食べなくなったということです。
おかげでその後彼は虫歯が進行していません。そしてある時私はまた提案しました。ハイチュウを食べるのは一週間に一度にしよう。
すると彼は大好きな妖怪ウォッチのある日にすると自分で決めたようです。それからきちんと決めごとを守って
週に一度しかハイチュウを食べなくなったそうです。
これはお子さんが自分でルールを決めて虫歯にならなく(進行しなく)なった非常に良い一例です。
もし子供がこれを自身で実行できなければ親が管理すればよいです。
うちの知樹くんも最近ヤクルトが好きで、先日は夜寝る前に歯磨き後に飲みたいといいました。
でも私は彼が寝っ転がって泣いても決してあげませんでした。ここであげてしまう親は正直親失格です( ゚Д゚)
虫歯は夜間に進みやすいですからヤクルトを飲んで寝るようでは最悪です。このように糖分の多く含まれるお菓子は
食べる日を決めてできるだけ3日に一度以上の間隔で食べるようにしてみましょう。それが出来たら今度は一週間に一度にする。
このようにして徐々に間隔をあければ虫歯にはおのずとなりにくくなります!(^^)!これを読んだ方は是非参考にしてください!

インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック