何だか入れ歯が合わない

院長は入れ歯に詳しいです

保険で作れる入れ歯

当院長は長期に渡り東京医科歯科大学病院の義歯外来(入れ歯科)で歯科医師としての研鑽をつんできました。初めて入れ歯を作ろうと思って不安な方、他所で作った入れ歯がなんだか合わなくてお困りの方、一度当医院にご相談下さい。

保険で作れる入れ歯

保険で作れる入れ歯

入れ歯は保険内で作成することができ、失った歯を補う最もポピュラー治療法です。

人によっては保険の入れ歯だと口をあけた時に金属が見えることに抵抗があったり、味が感じにくくなる、嘔吐感を感じるなどの問題点もあります。当院では入れ歯を作成する前にしっかりとカウンセリングを行い、患者様の意向に沿ったご希望の入れ歯を作成いたします。

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、失った歯の両隣の歯に金属のバネで入れ歯を引っ掛けて固定する入れ歯です。

保険内で作る事もでき、短期間で作る事ができます。部分入れ歯を使われている方はもう残りの歯を失いたくないというお気持ちが強いと思います。しかしバネをかけている歯は他の歯よりも噛んだときの力が大きくかかるため、健康な歯に負担をかけてしまうデメリットもあります。

総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯は残念ながらすべての歯を失くされた方が対象となります。総入れ歯も保険で作ることができます。

ですが保険で作れる総入れ歯はプラスチック製になりますので、少し厚みがあり噛む力がコントロールしにくく、歯ぐきに負担をかけてしまうデメリットもあります。

噛み合せの調整

噛み合せの調整

お口の中、顎の骨の状態は一人ひとり違います。現在お使いの入れ歯が外れやすい、噛むと痛い、話しにくい、食事がしにくいなどの問題がある場合は噛み合せや顎の骨とのバランスがずれている可能性があります。

入れ歯は1mmのずれで不快感を抱く原因となります。現在お使いの入れ歯が合わない、不快感があるという方はお気軽にご来院ください。当院では他医院で作った入れ歯でも、しっかりとお口の状態に合わせて調整します。

保険の入れ歯の注意点

保険の入れ歯の注意点

保険の入れ歯でも顎にぴったりとフィットする入れ歯は作れます。

ですが保険の入れ歯ですと噛む力は10%~20%程度になります。当然硬い物が噛めないというデメリットもあります。そして何より長持ちしないという問題があります。保険の総入れ歯はプラスチックで出来ているため、使い続けるとだんだん歪んできて顎にフィットしなくなります。部分入れ歯ですと金属のバネを引っ掛けている健康な歯に負担をかけてしまうため、健康な歯が虫歯になったり最悪抜歯というケースもあります。

安く済むけど長持ちしない。4年ほどで使えなくなるというのが保険の入れ歯の現状です。さらに顎にも大きな負担をかけてしまいます。

薄くなる顎の骨

硬い入れ歯や合わない入れ歯の悪影響

硬い入れ歯や噛み合せの合わない入れ歯を使っていると、顎の骨は減って薄くなります。

顎の骨は減って薄くなります

硬い入れ歯や合わない入れ歯を使用し続けることは、顎の骨を減らしどんどんお口の中に悪影響を与え続ける結果となります。

しっかり固定 噛み切れる入れ歯

あの頃の噛み心地をもう1度!コーヌス義歯

コーヌス義歯とは残っている歯に金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着するタイプの部分入れ歯です。茶筒の蓋がなかなか取れないといった経験ありませんか?コーヌス義歯はそれと同じ原理を利用しているなので、被せると外れにくく、安定感かがあり、しっかり噛める入れ歯なのです。

コーヌス義歯の症例:① 70代女性


コーヌス義歯の症例:② 60代女性


コーヌス義歯の症例:③ 50代女性


コーヌス義歯の症例:④ 60代女性


コーヌス義歯のメリット

  • 入れ歯の中で最も物を噛む能力が高い
  • 入れ歯を小さく作ることができるのでしゃべりやすくなる
  • 歯にしっかり固定されるのでたくあん、菜っ葉類、タコやトウモロコシも噛める
  • 取り外しができるので清潔に保てる

コーヌス義歯のデメリット

・値段が高い
・取り外しに慣れるまで少し時間がかかる
・歯の状態によって適用できないケースがある

コーヌス義歯 150,000円~(1歯) 保険外

修理の可否 可能
耐久性 長期的に使用可(数十年使用している方もいます)
噛める度 もちもたくあんも噛める
特徴 残っているも守り、最高の噛み心地を実感できる

※初診費用、虫歯などの治療費は別途かかります

薄くて噛みやすい入れ歯

金属を使用した入れ歯 金属床(きんぞくしょう)

金属を使用した入れ歯 金属床(きんぞくしょう)

金属床の入れ歯とは、舌にあたる部分や上顎にフットする部分に金属を使用することで、薄くしっかり噛める入れ歯のことをいいます。金属床の入れ歯は部分入れ歯、総入れ歯どちらにも使用することができます。

金属床入れ歯のメリット

  • ほとんどの症例に使用できます
  • 保険のプラスチックの入れ歯に比べて薄くなるので使用感が良い
  • 薄くなるので違和感が少ない
  • 汚れにくい
  • 金属を使用しているので食事の時に食べ物の温度を感じることができる
  • 素材を「金」「プラチナ」「ステンレス合金」から選べる

金属床の総入れ歯 300,000円~ 保険外

修理の可否 可能
耐久性 長持ち
噛める度 保険と比べ良好
特徴 金属を使用しているので入れ歯が薄く、違和感も少ないのでご飯が美味しく感じられる

※初診費用、虫歯などの治療費は別途かかります

金属床の部分入れ歯 200,000円~ 保険外

修理の可否 可能
耐久性 10年程度
噛める度 保険と比べ良好
特徴 金属を使用しているので入れ歯が薄く、違和感も少ないのでご飯が美味しく感じられる

※初診費用、虫歯などの治療費は別途かかります

診療時間

診療時間/曜日
9:30~12:30 ×
15:00~20:00 ×

土の午後診療は19:00まで
休診日 日・祝日

©2014いしはた歯科クリニック