歯医者さんはいつから通っていいの?

虫歯がなくたっていつでも来ても大丈夫!

乳歯が生えてきたらまず診ましょう

「歯医者は虫歯になってから通うところ」と思われているかもしれません。もちろん痛くなったり歯の不具合を解消するための場所なのでその通りですが、だからといって「歯も特に痛がってないし、虫歯じゃなさそうだから歯医者に通う必要はないかなぁ、、、」と思っていましたらそんなことは決してありません。

たとえ健康な歯であっても、歯科医の定期的な検診を行うことでお子さまの虫歯の発生をしっかりと予防することが出来ます。さらに、妊娠前、妊娠中のお母さんの歯の健康状態をチェックしておくことは将来子どもに虫歯を移さない予防にも繋がります。

具体的には

  • もうすぐ子どもが生まれるお母さん
  • 乳歯が生えてくる生後六ヶ月の乳幼児
  • 歯が生えそろい口内菌の数が確定する1歳6ヶ月から3歳までの幼児期
  • 永久歯に生え変わる小学生の期間

この期間は特に歯医者に通うようにしましょう。

歯が生えてきたらフッ素塗布

歯が生えてきたらフッ素塗布

当院では歯が生えてきたらフッ素塗布を始めることをお勧めしております。子供の歯はとても弱く、すぐに虫歯になってしまいます。大切なお子さんの歯を守るためには、早いうちからの対処が重要です。まだ小さなうちはごく少量のフッ素から初めていきますのでご安心ください。実際に歯が生えたてのお子さんを連れてくる親御さんも日々増えてきています。

定期的な健診

定期的な健診

定期的に歯の様子をチェックすることが予防につながります。お子さまの歯に問題がないかどうか入念にチェックし、ケアがしっかりと出来ていれば「よくできました」と褒めます。次の健診までに歯が磨けているか、ケアはしっかり出来ているか、子どもにとって歯のケアと健診が楽しみになれば、すすんで歯医者に来たがるようになるかもしれません。

診療時間

診療時間/曜日
9:30~12:30 ×
15:00~20:00 ×

土の午後診療は19:00まで
休診日 日・祝日

©2014いしはた歯科クリニック