乳歯の虫歯は永久歯に影響する?

生え変わるからといって放置は危険!

乳歯が生えてきたらまず診ましょう

乳歯が虫歯になったけれど、いずれ生え変わるからといって放置してしまうのは永久歯にとって悪い影響を残してしまいます。

人の口の中の菌の種類や数は3歳で確定してしまいます。その後、どんなことをしてもこの数を減らすことは出来ません。もし、乳歯の虫歯を放置してしまったら、口の中の虫歯の原因菌(ミュータンス菌)を沢山増やしてしまいます。すると永久歯に生え変わった後も、ちょっとしたことで虫歯になりやすい環境が出来上がってしまいます。

生えたばかりの乳歯はとても弱く、虫歯になりやすいものです。お子様の歯が生えてきたら一度検診を。

歯並びも大切

定期的な健診

乳歯が虫歯によってボロボロになってしまうと、永久歯が生えてくるときにそのまま感染してしまいます。さらに上手く生え替わることができずに、歯並びが悪くなってしまいます。

歯並びの悪いと、噛み合わせが悪くて口内を傷つけしまい口内炎などを引き起こすなど健康面に影響が出てきてしまいます。また、せっかくブラッシングケアをしていても歯の隙間などに磨き残しが多くなり、さらに虫歯のリスクを高めるほかに歯周病の可能性も出てきます。

明瞭な言葉は歯から

元気良く、はきはきした挨拶の出来る子どもは見ていても気持ちがよいものです。言葉では「か行」と「さ行」、特に「さ行」が歯並びの影響をもっとも受けるといいます。子どもにとっても、自分の言葉がしっかりと伝わることは、本人にとっても大きな自信につながります。

診療時間

診療時間/曜日
9:30~12:30 ×
15:00~20:00 ×

土の午後診療は19:00まで
休診日 日・祝日

©2014いしはた歯科クリニック