入れ歯は完成してからがスタートです

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は秋晴れで良い天気です(^-^)

今日は入れ歯の調整について話してみます。
入れ歯は完成してからがスタートと言われますが
患者さんにとって入れ歯は異物です。生体のものでは
ありませんのでどうしても人によってうまく使いこなせる方と
そうでない方にわかれます。
いしはた歯科クリニックでは新しい入れ歯を入れてからなるべく早めに患者さんを
お呼びして、入れ歯の調整をします。新しい入れ歯は新しい革靴と同じで
大抵の場合、少し当たって痛い部分が出てきます。そうならないように
いしはた歯科では実際にかみ合わせを見るだけではなく、
治療台の上で煎餅を召し上がっていただくようにしております。
その段階で痛みがなくてもお家で色々なものを召し上がると入れ歯が
当たって痛い場所が出てくることが多いです。これは仕方のないことなので
必ず何度か調整することで問題がなくなります。大抵の場合は2、3回の調整で済みます。
入れ歯を調整する時にはまず歯茎との適合を見ることと
噛み合わせに不調和がないかを確認致します。また入れ歯が変に大きいと
痛みの原因にもなりやすいのでこの辺りを注意して入れ歯の調整は
行っていきます。かみ合わせというのは大変微妙なものでまた日々
少しづつ変化しますので定期的に入れ歯のチェックは行うべきです。
調子が良いと2年近くいらっしゃらずに痛くなって急に来院される患者さんがいらっしゃいますが
2年も間が空けばかみ合わせはだいぶ変化しますし、ずれが生じて痛みが出るのは当然です!!
必ず半年に一度程度は入れ歯のチェックをうけないとダメです。
当院には入れ歯を専門的に勉強したDrがおりますので安心してお越しください。

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき
2018年10月2日

©2014いしはた歯科クリニック