大先生急逝から一か月

こんばんは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は一日この時期にしては暖かい天気でした。

今日24日は世間的にはクリスマスイブですが、私にとっては初月忌になります。
大先生が何の前触れもなく先月24日に急逝してからあっという間の一か月でした。
亡くなった日に呆然として杉並から電車で我が家に帰って来た時はまだ現実のこととして
理解できていない自分がいました。それからの一週間は葬儀のためだけに動いて毎日夢の中で
活動しているようでとにかくきちんと葬儀をすることだけを考えていました。
葬儀が終わってからは大先生の引継ぎの患者さんに会う度に事態の説明して懸命に診療を行いました。
特に2週目までは診療をしていても急にドキドキしたり、首のところが詰まる感じで苦しかったり
肩から背中にかけて未経験なレベルで凝ってしまい、きっと精神的にもまいっていたんだと思います。
3週、4週目の時間が経ち、大先生の担当していた患者さんにもある程度の方には急逝したことを
伝えられました。患者さんも元気で全く病気の気配もなく元気な父だったのでみな一様に驚き
泣き出す方や呆然とする方、ご愁傷さまですという言葉をかけていただいた回数は何度あったか
覚えていません。とにもかくにも今日で一か月です。私の中でもこの世に生きている限りは絶対に父とは
話せないし、相談も出来ないことは受け入れるしかない感じになりました。仕事のことや人生のことで
相談できないのは辛いですが、これも一つの試練と考えてす全ての面で親離れする時期が来たのだと
前向きに考えるしか前に進めない感じです。今は時間の経過とともに父がいないことが
現実になってきて、どんどん寂しさが募ってきます。とりあえず私がどう頑張っても父になれるわけではないので
自分の出来るベストを日々尽くして、その上で父の執筆中だった本を出版することが最大の供養になるのでは
ないかという結論に達しました。もちろんこれは仕事の面だけの話ですが!
大先生は一家の主として、そして歯科医としてもマイナスの面がなく非のうちどころがない人です。
尊敬する面しかない素晴らしい人なので、その人に一歩でも近づけるように一生頑張っていきますと今日も
ご霊前に誓ってきました。自分の心の中にいる父共に明日からまた頑張ります!!

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック