申教授のライブオペセミナーへ(^-^)

こんばんは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
昨日の午後と今日は新浦安にある明海大学PDI診療所の施設で歯周病の研修を受けました。
どんな内容かというと歯周外科についてです。当院でも歯茎をめくって歯茎の下に潜む縁下歯石をとることを
積極的に行い、一年ほど前からは保険外材料を使用した再生療法も行っております。
歯茎をめくるというと患者さんは痛いのではないかとか、怖いイメージが持たれますが当然きちっと
麻酔をして行うので痛みは術中はありません。そして術後の痛みですが、10人行ったら、8、9人までが
思ったほど痛くなかったいうお答えをされます。当院のスタッフ一同歯周外科を行うことで劇的に良い結果が得られ
結果として歯周病治療が非常にうまくいくことに手ごたえを得ております。今回の申先生の研修では
歯茎を移植し、その厚みを増すことで経時的に下がっていく歯茎を食い止めるとともに、薄い歯茎で歯ブラシを当てる際に
痛みを伴う人を解決することが出来る遊離歯肉移植術や結合組織移植術を再確認し、学びました。
実際の患者さんを申教授がオペするところ見せていただくと共に、土曜日も日曜日も豚の下顎を使用して
同じオペを行うことで非常に理解が深まりました。
先生はおそらく歯周病の分野では今現在も第一人者であり、
凄い技術を持つ先生です。私の質問にも気さくに答えて下さり、大変充実した2日間でした。
先ほど述べた歯茎の移植には多少の痛みは伴いますが、歯茎の後退を防ぐことが出来る!?治療ですので
希望する患者さんには積極的に行っていきたいと思います。歯茎の後退で被せ物をやり直したり、歯ブラシを当てるのが
辛いと悩むよりは、この外科処置をすれば解決するわけですから必要な治療ですよね!!
帰宅してから家族で知樹くんの机を見に行きました。気に入った机を見つけ、欲しいと泣き出してしまったようで
本人が納得したものを買うべきと夫婦で一致したので買うことにしました(^-^)
年末に我が家に届くので楽しみです(^-^)

インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック