歯のない時期を避ける為の即時義歯

こんにちは!いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。今日の久喜は晴天ですが北風が冷たいですね。今回はよくあるケースについてご説明いたします。患者さんが「上の前歯にブリッジが入っているのですが、ぐらぐらしていて全然噛めません。どうしたら良いですか。上の前歯がなくなる期間があると仕事上お客さんと会わないといけないので見た目的にすごく困ります。なんとかなりますか?」このように前歯が歯周病などでぐらぐらしてくる場合、1本だけではなく複数本抜歯しなければならない場合があります。そういった場合、再度ブリッジを新製することは不可能で、入れ歯を選択しなければならないことがあります。(差し歯がいいのか、入れ歯にする必要があるかは歯科医の診断が必要です)奥歯などの場合、抜く必要がある歯をまず抜歯してから1ヶ月ほど歯ぐきの治りを待ってから入れ歯を作り始めるケースが多いかと思います。その場合入れ歯が完成するのは歯を抜いてから2ヶ月以上経過してからということになります。前歯の場合、抜いてから2ヶ月放置するわけにはいきません。どうしても見た目の問題があるからです。そういった場合に用いられる入れ歯として即時義歯というものがありますでは即時義歯とは、どのようなものかについてご説明します。即時義歯とは、抜歯する前の型どりをとって石膏模型を作ります。その石膏模型の抜歯をする予定の部位を削ってしまい、歯が元からないものとして製作する入れ歯のことです。抜歯した当日に即時義歯をお口の中にいれることにより、見た目や噛み合わせを保つことができます。しかし即時義歯には欠点もあります。抜いた直後に入れ歯を入れるわけですから、抜いた部分と強く接触し痛みが強くなることもあります。また、抜いた後歯ぐきが治っていく過程で、必ず入れ歯があわなくなります。これは抜いた後の歯ぐきは次第に下がってしまうため、入れ歯と歯ぐきの間に隙間ができるということです。そのため、歯ぐきがしっかりと治った後に修理を行う必要があります。簡単に治療順序を説明すると初診→簡単な型どり→噛み合わせ→抜歯、入れ歯装着となります。症例に応じて噛み合わせを省いたり、簡単な型どりの後に精密な型どりを行う場合もあります。即時義歯には制限がありますか?基本的に修理を前提として入れ歯を作りますので、金属を多く用いた保険のきかない金属床義歯などは適していません。修理にはプラスチック材料を用いるため、入れ歯の大部分がプラスチックでできていないと修理が困難になるためです。また、抜く部分を予測し石膏模型を削って製作しますので、ぴったりあわせることは不可能です。当院では即時義歯を製作して治療用の入れ歯として使い、抜歯した部位が直ってから再度保険の範囲で入れ歯を作り直すこともあります。即時義歯では32,400円いただいております。(税込)上記のように歯がぐらぐらして困っているケースでも即時義歯を入れることで前歯がないという最悪の事態は避けることが可能です。このようなことでお悩みがある方は是非いしはた歯科クリニックまでお越しください。久喜の歯科・歯医者いしはた歯科クリニック院長 石幡一樹

©2014いしはた歯科クリニック