妊娠中の方が口の中で注意すべきこと

こんにちは!
いしはた歯科院長の石幡一樹です。
今日も酷暑で外に出るのが嫌になりますね((+_+))

今回は当院で力を入れている妊婦さん向け(マタニティ歯科)のお話をします。

妊婦さんにみられるお口の症状
妊娠による身体の変化はお口の中にも著しく現れることがあります。
ホルモンバランスの変化、食生活パターンの変化などが
妊婦さんのお口の環境を悪くし、次のような症状がみられます。

(1)歯肉炎・歯周炎
妊婦さんのお口には、歯肉炎や歯周炎が比較的多く見られます。
その原因は、つわりや間食の増加などによって歯磨きを充分に行えないなどの理由で、
お口の中が不潔になりやすいこと、及び女性ホルモン(エストロゲン)の増加などの
影響で炎症症状がより強く現れるためと考えられています。
一方、歯周炎をもつ妊婦は早産や低体重児を出産する確率が高くなるという報告がなされています。
北海道医療大学による疫学調査では、歯周病の妊婦は、そうでない妊婦に比べ、
約5倍も早産になりやすかったという驚くべき結果が出ています。
海外のデータでも、歯周病が進んだ妊婦では早産および低体重児出産の危険性が7倍高まるといった報告や、
歯周病が進んだ妊婦ほど早産の頻度が高かったという報告などがあります。

(2)むし歯
一般に妊娠すると急にむし歯が増えると思われがちですが、
妊娠中にむし歯が増えるという証拠はなく、直接の関連はありません。
しかし、つわりや間食の増加のためにお口の清掃が不十分になりがちであったり、
女性ホルモン(エストロゲン)の増加により唾液の性状が変わるため、
むし歯になりやすい状態であると考えられています。

(3)妊娠性エプーリス(歯ぐきのできもの)
歯ぐきにできる良性の腫瘤(できもの)で、主に妊娠3ヶ月以降にみられることがあります。
強い赤みを帯びた出血しやすいできもので、分娩とともに小さくなり自然消失する場合もあります。
原因として、機械的刺激と感染による炎症性刺激などの外的要因に加え、
女性ホルモンの変化(妊娠)による内的要因が大きく関与していると考えられています。

妊娠中に歯科治療がおこなえる時期について
原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を行なってはいけないという時期はありません。
治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。
妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ、行いましょう。
妊娠初期2~3ヶ月間は非常に流産しやすいので過度に緊張や、
或いは長時間にわたる治療はなるべくさける様にした方が良いと思います。
そういう場合はいったん応急処置にとどめておいて、後日妊娠4~7ヶ月の安定期に治療を行なう事をお勧めします。
虫歯であれ、歯肉炎であれむしろ必要があれば安定期に積極的に治療することをお勧めします。
できれば分娩までに治療を済ませておくことをお勧めします。
出産後は育児におわれたり、あるいは子供の面倒をみてくれる方がいないなどといった理由から
放置し症状を悪化させてしまったり、歯の治療に関して慎重になり、受診されるのが遅れがちになる方があります。
妊娠初期に歯の健康診断を受けられることをお勧めします。
また、妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。
妊娠中の歯の状態のページをチェックしてもらえますし、歯科医院側もあなたの妊娠中の健康状態がよくわかります。
また、妊娠初期は飲み薬に十分な注意をしてください。

上記に色々書いてみましたが妊娠時はどうしても自分の口の中が
おろそかになりがちです。自分と赤ちゃんの為にも口腔内の健康に気をつけましょう。
インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック