永久歯の数が少ない子が増えています

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は爽やかな晴天です(^O^)昨夜帰る時や今朝はひんやりしました。
気温差が大きいので風邪に注意しないといけませんね(ー_ー)!!

歯の話ですが、最近、親知らず以外に28本あるはずの永久歯のうち、1本以上の歯がもともとない
「先天欠如」の子が10人に1人いることが日本小児歯科学会の調査でわかりました。
当院の患者さんでも、様々な理由で口全体のレントゲンを撮ってみると乳歯はあるのにその下に永久歯が
先天的にないというケースを確かに目にします。一番先欠しているお子さんのケースでは
永久歯が16本も欠損していました。こうなると今ある乳歯をとにもかくにも大事にしなくてはいけません!!
しかし乳歯は根の長さが短いので10、20年とたつうちに動揺してきて抜歯しなくては
いけない場合もあります。このように乳歯は普通に生えていても、その下の永久歯がない場合も多く、
その場合はできるだけ長く乳歯を残すために適切な管理が必要になります。
永久歯の数が6本以上足りない場合には、矯正治療も保険で受けることができますので、
将来の咬みあわせのためにも早めに小児歯科や矯正科で診てもらうことが大切です。
虫歯がなくても小学校低学年のうちに歯医者さんに行って、乳歯の下に永久歯があるかどうか?
レントゲン撮影にて確認してもらうことをおすすめします。
お子さんの歯のことで心配がある方は是非気軽に当院までご相談くださいね(^O^)

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック