ブラックマージンとは?

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は朝で雨が上がり、一日割と過ごしやすい天気でした(^-^)

今回は差し歯が入っている方が歯の根元が黒く見えると気にする方がいらっしゃいますが、
それについて記載してみます。
歯と歯肉の境が黒っぽく見えることをブラックマージンと呼びます。
具体的には金属の部分露出  わずかに金属が線状に露出しています。

1.人工歯冠の内面に使用している金属の辺縁部分がわずかに見えている。
2.歯肉が痩せて下がり、歯根が露出し、黒っぽく見える。
3.露出した歯根が虫歯になって黒く見える。
4.神経を抜いた歯に土台として入れた金属が、歯肉が痩せて下がり見えてくる。
5.金属の土台を削る時に金属の切削片が歯肉に取り込まれた黒く見える。
6.金属の土台や人工歯冠の内面に使われている金属の一部が溶出して黒く見える。

■それぞれにおける原因と対策

1 保険適用のレジン前装冠は強度をとるためにその歯肉と接する辺縁部分に金属が初めから露出
  している。
※自費のオールセラミッククラウンの場合
   金属を使用しないため上記のようなことは起こりません。
※自費のメタルボンドクラウンの合
   カラーレスと言って歯肉と接する辺縁部分に金属が露出しない技工を行うため上記のようなことは
   起こりません。
2 歯周病により歯肉が痩せて歯根が露出することがあります。歯周病予防に努める。ブラッシングや定期的な歯石除去、PMTCなどの実施。
3 歯周病などにより露出した歯根が虫歯になる。また、全身疾患により唾液の分泌を抑制する薬を飲んで
  いるために、自浄作用(唾液によりプラークを洗い流す作用)が低下するために虫歯になりやしくなる。
虫歯予防に努める。ブラッシング フッ素の使用、定期的なPMTCの実施。
4 土台に金属性のものを使用する。特に保険適用の銀合金は問題が起こりやすい.
土台にファイバーコアを使用する。
5 金属の土台を使用するため
土台にファイバーコアを使用する。
6 土台や人工歯冠に使用されている金属
土台にファイバーコア、オールセラミックを使用する。
上記にブラックマージンについてまとめてみました。個人的見解ですが、口を大きく開けて話したり、笑う方でなければ正直
根元が黒くても気にする必要はないかと考えます。しかし、私は患者さんがそういった少しでも気になる点が生じないように
自費の場合出来る限り金属を使わずにセラミックのみで被せ物を作るように患者さんへ説明しております(^-^)
気になっている方や悩んでいる方は是非お気軽に当院までご相談下さいね!!

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック