保険の入れ歯は平均4年使える!

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は晴天ですが、これから雷雨になるとの予報です。
久喜には降らないで良いので、ダムのあるところでガンガン降って欲しいですね(^O^)

歯の話ですが、今回は保険の部分入れ歯って何年くらい持つのかという話です。
ちなみにBrは7、8年持つ確率が50%と言われております。それでは部分入れ歯がどのくらい持つのか
という話ですが、大先生が医科歯科大学病院で教員をしていた時にこの研究は行われたようです。
答えは4年で50%がダメになるということらしいです。
なぜだめになるかと言うと入れ歯を支えている歯を鈎歯と呼びますが、その歯が虫歯や歯周病で
使えなくなってしまうというのと入れ歯についている針金が折れてしまうというのが主な要因だそうです。
よく入れ歯を入れる時にある程度の位置においてから歯で噛むことによって正しい位置まで押し込む方がいらっしゃいますが
これが入れ歯の針金が折れたり、破損する最大の原因と言えます。勿論かみあわせによっても
壊れることもありますが!このように保険の入れ歯と言うのは4年で50%が使えなくなる
ことが明らかになっております。もし、出来るだけ壊れずに、かついわかんも少なくしっかりとかめる入れ歯がお望みであれば
やはり保険外の入れ歯が最適だと思います。今日も一人保険外の入れ歯できちんとかめる入れ歯を希望される方が
いらっしゃいました。入れ歯について相談があればお気軽にどうぞ(^O^)
入れ歯にも様々な種類があります。私はきちんと入れ歯について勉強しておりますので
患者さん個々にあう最適な義歯がご提案できるかと思います。

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック