「あごの異変」を放置している人に訪れる不調

こんばんは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日明日と大阪で研修でこちらに来ております。今朝携帯でヤフーニュースを読んでいたら
顎関節症について出ていたので転載します。参考にしてくださいね。

 「口を動かすとカクカク音がする」「あごが痛い」「口を大きく開けられなくなった」

読者の皆さんの中にもこういった経験のある人は少なくないのではないでしょうか。このようなあごの症状が出ている状態を「顎(がく)関節症」といいます。筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることの1つが、顎関節症のメカニズムや治療方法などについてです。

■若い女性に多い顎関節症

 顎関節症は、あごの関節やその周りの筋肉などに「痛みが出る」「音が鳴る」「口が開きにくくなる」といった症状を指します。日本人、特に若い女性に多い症状だといわれています。10代から発症する人が出始め、20~30代で医療機関への来院数が最も増えていき、その後は減少していきますが、あらゆる年代において起こりうるものです。

 あごの関節は、耳の穴の前方1センチくらいのところにあり、頭の骨に左右の関節が筋肉や靭帯(じんたい)によってぶら下がっている状態です。この顎関節に負担がかかったり、形が歪んだりしてくると、顎関節症の症状が出てきます。重症になると手術が必要となったり、症状もめまいや痛みなど全身に及び、開口障害により食事の摂取が困難になったり精神的にも影響を受けたりするなど、日常生活に支障をきたすほどの症状に苦しむ患者さんもいます。

 顎関節症の症状として代表的なものには次のようなものがあります。

カクッというような音がしたら注意
 1.顎関節から音がする

 口を開け閉めする時にカクッというような高い音、ゴリッというような鈍い音がします。これは顎関節の内部にある「関節円板」という組織が開け閉めの際にずれたり、穴があいていたりすることで引き起こされます。

 2.顎関節が痛い
 
口を開け閉めする時に痛んだり、物を噛んだり、顎関節部を圧迫すると痛みを感じます。

 3.口が大きく開かない
 
顎関節症が進んでくると口が大きく開かなくなってきます。これは顎関節内にある関節円板の位置がずれてしまうことで運動範囲が制限されるためです。

 4.顎関節周囲の筋肉が痛い

 顎関節周囲の咀嚼筋と呼ばれる筋肉の緊張状態が続いたり、炎症を起こすと痛みを出し、その痛みのせいで口が開きづらくなったりします。また、その筋肉痛があたかも歯の痛みのように感じられるケースもあります。

 5.他の症状

 他にも報告されている症状として、肩や首のコリ、頭痛、耳の痛み、めまいなどが挙げられます。

■顎関節症になってしまう原因

 どのようなことが顎関節症の原因になるのでしょうか。

 原因その①:ブラキシズム

 「くいしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」などのことをブラキシズムといい、筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけダメージを与える。最も大きな原因といわれています。

 原因その②:ストレス

 仕事や家庭、人間関係などのストレス、その他精神的な緊張は、筋肉を緊張させてくいしばりを起したり夜間の歯ぎしりを起したりと、ブラキシズムに影響します。

 原因その③:噛み癖

 左右どちらか一方でばかり噛む癖は、片側だけに多くの負担をかけることになり、発症の原因になります。

 原因その④:あごや筋肉に負担をかける癖や生活習慣

 うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背の姿勢、片方の歯のみで噛む、爪を噛む、管楽器を吹く、というような場合、顎関節への負担が大きくなることで顎関節症を発症しやすくなるとされています。
原因その⑤:悪い噛み合わせや歯並び

 噛み合わせや歯並びについてはさまざまな意見がありますが、現在では多くの原因の中のひとつと考えられています。噛み癖やブラキシズムの原因として関連しているともいわれています。

 そのほかにも食事や歯の治療などで大きく口を開けたり、スポーツなどで顎などに強いダメージが加わったりすることによっても引き起こされます。もともと顎関節や筋肉が構造的に弱いとかかりやすくなるとされています。東洋経済オンラインより

最後に私見ですが、私の考えでは顎に負担をかける頬杖、悪い噛み合わせや歯並び、ブラキシズム、ストレスがかかっても顎関節症にならない人は沢山います。これらの引き起こすの要因により、また当院では主因と考える片側での噛み癖、もしくは
奥歯でしか噛まない奥噛みにより、下顎の動きに運動制限が起き、これにより運動障害が起きることで顎関節症は発症します。
この文章を書いた人はそれが分かっていないだなーと思って読んでいました(^-^)症状に関してはまさにこの通りなので
顎の問題を抱えているかたは是非いしはた歯科クリニックまでお越しください。きっちり治します(^-^)

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック