口の中に硬いでっぱり 骨隆起について

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は昼間は暖かかったですが、何しろ風が強いです。
身体があおられるほどです(ー_ー)!!
さて歯の話ですが、今日の午後に急患で口の中に出来物が出来たので診てほしいと言う方が来ました。
実際に見てみると下顎の舌側に少しぽこっと出っ張りがありました。
結論から言うとこれは食いしばりや、歯ぎしりをする方に出来る骨隆起と言うもので
全く危険なものではありませんとご説明しました。どうも患者さんはネットで調べて癌なんじゃないかと
心配されたようです。情報の氾濫する現代社会の問題点ですね(ー_ー)!!
ということで骨隆起に関して書きます。

1.骨隆起とは

骨隆起とは顎の骨が厚く膨らみ、こぶのようになっている状態です。
触ると固く、歯茎が薄くなっているので、表面に物が当たると痛みが強く出ます。
噛んだ時、顎の骨に力が加わり、その刺激によって骨が盛り上がったものです。
歯ぎしりや食いしばりが強い方に多く見られますが、遺伝的な可能性もあり、はっきりとした原因は不明です。
病的なものではないので、取り除く必要はありませんが、入れ歯が強く当たってしまったり、発音がしにくい場合は切除することもあります。骨隆起はできる場所によって下顎隆起(かがくりゅうき)、口蓋隆起(こうがいりゅうき)、歯槽隆起(しそうりゅうき)があります。

2.骨隆起の特徴

2-1.骨隆起は触ると硬い

骨隆起は骨の膨らみの為、触ると硬い感じがします。腫瘍や嚢胞のように粘膜にできたり、中に膿や粘液が詰まっていると柔らかさがありますが、骨隆起は中も骨のために全てが固く感じます。

2-2.骨隆起は痛みがない

骨隆起には痛みはありません。骨隆起は炎症反応でできたわけではないので、腫れや痛み、発熱などはありません。
ただし、粘膜が薄いため歯茎が傷つきやすくなります。

2-3.徐々に大きくなる

骨隆起は徐々に大きくなります。小さくなることはありません。
そのまま止まっているか大きくなっていきます。また、切除してもその後またできることもあります。

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック