改めて定期健診の重要性

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は医院は休診で改装工事を行っております。

以前書いた内容と重複するのですが、開業して4月から6年目に入りました。
定期的に受診してくださっている方の口の中を診ると歯が割れるなどの破折が原因で抜歯になった歯が
ある方も確かにいらっしゃいますが、虫歯が原因で抜歯になったりした人や歯周病が悪化してぐらぐらになってしまい
抜歯になった方はほぼ皆無です。当院に来院された時点で歯周病がかなり進行していた患者さんでも
適切な歯周病の治療(歯周外科など)を行った方できちんと噛めて、歯周病も落ち着いてる状態で保てています。
当院では患者さんの口腔内の状態次第で1か月~3カ月の健診の期間を伝えさせていただいております。
ちなみに虫歯や歯周病の問題がない患者さんの場合、当院では1回目に歯周病の歯茎の検査と歯石とりを行っております。
この時金額は大体3000円弱になります。そして2回目にPMTCというクリーニングを行っています。
これは毎日、隅々まで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所や汚れがたまりやすい所を中心に
ぬめりが出来てしまいます。 このぬめりの除去を歯科衛生士が専門的な器械を使って行うことです。
PMTCには、虫歯や歯周病を防ぐはたらきや改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、
光沢のあるきれいな歯を保つことで審美的で口元を美しく見せるなどの効果があります。
金額は2000円程度かかります。この2回で終わってまた定期健診のサイクルに入るわけです。
虫歯もそうですが、歯周病は健診を受診していただき、歯茎の検査を行うことで良好な状態で保てていることが如実に
確認できます。これは開業して6年、積み重ねた時間から歯周病を悪化させずに
良好な状態に保てることをスタッフ一同確信しています(^-^)定期健診を2回にわけていることにも意味があります。
特に虫歯において違う日にもう一度口の中を診ることで小さな虫歯の見逃しを減らすことが出来ます。
3カ月に一度の健診で5000円程度ということは一年に2万円程度で口の中の健康は確実に保てるということです。
これは元々歯にそんなに問題のない良好な状態方だけでなく、あれこれ治療をした方でも可能です。
ただし治した歯が多ければ多いほど当然再度トラブルが起こりやすいのも事実です。
歯を削ってセラミックを被せようとすると8万円以上かかります。インプラントをしようとすると35万円以上かかります。
虫歯が進行して神経を取ることになった場合被せるまで、全て保険治療で行ったとしてもだいたい2万円かかります。
歯を健康に保てる2万円と神経を取って銀歯を被せて2万円どっちが良いかは言うまでもありませんね( ゚Д゚)

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック