8020の達成者が初めて過半数を超える!?

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は結構雲が多いながらも晴れの天気でした。
本当は有楽町で行われている顎咬合学会に行くはずだったのですが、腰痛で歩くのも痛みがあったので
今日は家で静養しました。夕方整体に行ったら、働きすぎですと言われました( ゚Д゚)
さてネットでヤフーニュースを見ていたら素晴らしい記事を見ました。
80歳で20本以上の歯を持つ方が過半数を超えたという記事です。以下読んでみて下さい。

国や歯科関連業界では食事を美味しく堪能でき生活の質の維持向上に役立つ指針の一つとして「8020運動」(80歳で20本の歯を維持)を掲げている。厚生労働省が2017年6月に発表した歯科疾患実態調査(※)の2016年調査分の概要によれば、その水準達成者がはじめて半数を超えた。その実情を確認する。
2016年時点で自分の歯が20本以上(※永久歯数は上下合わせて通常は28本。20本以上残っていれば、高齢者でも十分に硬いものを食せる、食生活をほぼ満喫できるとされている)残っている人は、40代前半で98.8%、40代後半で99.0%。以後歳と共にその比率は減少していき、70代後半では56.1%、80代前半では44.2%となる。

国や歯科関連業界では「80歳で20本の歯が維持できるように」との指針を示し、その達成者を「8020達成者」と呼んでいる。一方で歯科疾患実態調査ではその推移を検証する際に、単純に「70代後半」「80代前半」の値を単純に足して2で割る手法を用いており、それによると2016年では「8020達成者」は50.2%との結果が算出できる。
上昇理由について歯科疾患実態調査には記載は無いが(報道資料には「この調査結果を踏まえ、「8020運動」を含む歯科口腔保健施策を今後も推進していきます」との記述がある)、歯科医療や歯周病対策・予防の啓蒙の浸透、意識の向上などが原因として考えられる。
歯は永久歯に生え変わった後は、再生することは無い。自分の一生を支える器官として、大切にしたいものではある。
歯を大切して、生きる上で楽しみの一つの食事を好きなように一生食べられることで人生の質は向上するはずです。
是非歯周病を予防して健康な歯を保てるように努めましょう(^-^)

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜市 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック