ワンタフトブラシで磨き残しをゼロに(^O^)

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は風も弱く割と過ごしやすいです(^-^)
患者さんもインフルエンザで体調を崩してキャンセルになるケースがままあります。

ところでみなさんはタフトブラシってご存知ですか?
食事をした後、お皿の汚れを綺麗に流すように、お口の中もすっきりしたいですね。

ただ残念ながらどんなに丁寧に歯磨きをしても100%完璧に汚れを取り除くのは難しく歯と歯の間や奥歯等の磨きにくい場所には食べかすなどが残ってしまいます。
磨き残しを少しでも減らしたい方は通常の歯磨きの後に仕上げとしてデンタルフロスや糸ようじで歯と歯の間の汚れを取るなどしてみて下さい。
思った以上に磨き残しが見つかり、歯磨きへの意識も変わるかもしれません。

歯並びの関係で歯と歯が重なって磨きにくい箇所がある方や奥歯の磨き残しをピンポイントでケアしたい方にはタフトブラシがお勧めです。

タフトブラシとは歯を一本一本磨くための小さな歯ブラシで通常の歯ブラシとは異なり毛先が小さくまとまり、隙間や奥歯にも届きやすい形状になっています。
一番奥歯や親知らずのすき間、入れ歯のばねを引っかけている歯など、通常の歯ブラシの大きさでは届きにくい場所にも小さなタフトブラシなら入り込むことが可能です。

歯の矯正器具を使用している方も、タフトブラシなら器具の隙間から磨くことが出来ます。
磨き方のコツは通常の歯磨きと同様に力を入れすぎないこと。磨き終わった後には歯がツルツルしていることが実感できるかと思います。
タフトブラシと普通の歯ブラシ、それに歯間ブラシとフロスもですがこれらを適切にきちんと試用することで歯周病のリスクは下げられるかと思います。

歯のことでご相談がある方は是非いしはた歯科クリニックまでご連絡下さい。

久喜市の歯科・歯医者
いしはた歯科クリニック

院長 石幡一樹

©2014いしはた歯科クリニック