総入れ歯で食べやすい食品

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は残暑が厳しいですね。
昨日まで大阪で研修を受けており、休みなしで仕事をするのはなかなか大変です。

今回は総入れ歯についての面白い話です。
総入れ歯を入れている人は何が一番かみ易いと思いますか。
豆腐、おかゆ、プリンのような柔らかいものだと思いますか?
それが違うのです。
煎餅が一番かみやすいのです。

そんな馬鹿なと言う声が聞こえてきそうですが、事実だから仕方がないのです。
いしはた歯科では、入れ歯を新たに入れる人には、煎餅を必ず噛ませます。
すると「久しぶりに食べた」と患者さんは必ず言います。

少し厚みがあって、パリッと割れるものが入れ歯では最も噛みやすいのです。
キュウリや、ややうすく切ったリンゴなどのしなしなしたもの、厚みのないもの、噛んだ時に豆腐のように上下の歯が接触してしまうものは、食べにくいし、食べないほうが、入れ歯のためにも良いのです。

入れ歯で食べにくいのは海苔、たこ、いか、あわび、固い肉等です。
リンゴの丸かじりを出来る義歯を作っていらっしゃる著名な先生がおりますがそのレベルで噛ませることも患者さんによっては可能です。
ただ筋力の弱い方だと難しいかもしれません。
とりあえず前歯で煎餅を食べても当院の総入れ歯は落ちてきたりしませんのでご安心下さい。

当院では入れ歯の方に食べ方指導やここで噛むのが良いですよと指導しております。
何故煎餅をかませるかというと噛み合わせの調整をしただけでは机上の空論になってしまい、実際に食べてみると痛いことが多いからです。
実際その場で煎餅を食べて痛みがないことを確認するのが一番です。

入れ歯で食べにくいものがある方は是非いしはた歯科クリニックまでお越しください。

久喜市の歯科・歯医者
いしはた歯科クリニック

院長 石幡一樹

©2014いしはた歯科クリニック