デンタルフロスの使い方について

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日は台風一過の気持ちの良い晴天ですね(^O^)少し風は強いですが
気温が高めなので気持ち良いです。

今回はデンタルフロスの使い方についてご説明致します。
デンタルフロスの使い方

知っているようで知られていないのが、デンタルフロスの使い方です。
今回は、歯医者さんが薦める正しいデンタルフロスの使い方をご紹介します。
1.どうしてフロスをつかわないといけないの?
2.基本となるフロスの持ち方
3.場所によるフロスの持ち方と使い方
4.フロスについてFAQ
5.デンタルフロスの使用法

1.どうしてフロスをつかわないといけないの?

ハブラシでブラッシングしただけでは、歯と歯の間は十分磨けない事があります。
歯垢や食べかす、ステイン(着色汚れ)が残ってしまいます。
みなさんもご存じのとおり、ムシ歯や歯周病の原因は歯垢です。
そこで、デンタルフロスを使って、ハブラシでは届かない、歯の側面についた歯垢や、
歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除きましょう。そして、きれいで健康な歯を保ちましょう。

特に、若い方は、昔に比べて、あごが小さく、歯並びの悪い方が増えています。
こういった、歯並びが悪いところは、ハブラシが届きにくく、歯垢や、食べかす、ステイン(着色汚れ)が残ってしまいがちです。
また、乳歯の頃は、歯と歯の間に隙間があるのが普通です(永久歯が生えるスペースを確保するため)。
しかし、最近では、乳歯の頃から歯と歯の間がつまったお子さんが多く、歯と歯の間の歯垢をしっかりととることが難しくなっています。
お母さんやお父さんがお子さんにフロスを使ってあげたり、使い方を教えてあげて、小さい頃から習慣付けしてあげてください。

2.基本となるフロスの持ち方
慣れるまでは、鏡を見ながらあせらずゆっくりと行ってください。

1.フロスを約40cm程(指先からひじまで)の長さに切ります。
2.フロスの片側を左手中指に2~3回巻きつけます。
3.さらに両手の間隔が10~15cmになるように右手中指に残りの部分をはずれないように巻きつけます。
(※女性は10cmくらいがお勧めです。)
4.両手の親指と人差し指でつまんでピンとはります。
このとき指の間は、1~2cmはなしてください。
(※短めにもって、ピンとはることが大切です。)
.
3.場所によるフロスの持ち方と使い方

フロスは、場所によって使い方がやや異なります。お知りになりたい場所をクリックしてください。
上の前歯
[持ち方]
左もしくは右手の親指ともう一方の手の人差し指で上向きにフロスを押さえます。
上の歯への挿し入れ方へ

上の奥歯
[持ち方]
両手の人差し指で上向きにフロスを押さえます。
上の歯への挿し入れ方へ

下の奥歯
[持ち方]
両手の人差し指で下向きにフロスを押さえます。
下の歯への挿し入れ方へ
上の歯への挿入の仕方

片方の手の指を歯の外側に、もう片方の指は歯の内側に入れます。
歯と歯の間に斜めにスライドさせながら、前後にゆっくり動かし、一度歯ぐきの下あたりまでゆっくりと引き下げます。
(※糸をピンと張っていなかったり、力まかせに無理に挿入してしまうと、歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあります。)

.次のステップへ

下の歯への挿入の仕方
片方の手の指を歯の外側に、もう片方の指は歯の内側に入れます。歯と歯の間に斜めにスライドさせながら、
前後にゆっくり動かし、一度歯ぐきの下あたりまでゆっくりと引き下げます。
(※糸をピンと張っていなかったり、力まかせに無理に挿入してしまうと、歯ぐきを傷つけてしまう恐れがあります。)

.次のステップへ

清掃の仕方
フロスを歯にひっかけるようにして、上下に数回動かし、歯の側面を清掃します。同じことを隣の歯の側面でも行ってください。
抜き方
挿入と逆になるよう、ゆっくりと抜いてください。もしうまく抜けない場合は、
片方の指からフロスをはずして、ゆっくりと前から引き抜いてください。

次の歯へ
次の歯と歯の間を清掃するときは、使用した部分をずらして、新しい部分で同じ操作を繰り返してください。
※図中の赤い個所は、使用した部分です。

4.フロスについてFAQ
フロスはいつ使ったらいいの?
糸が引っかかった時はどうしたらいいの?
出血するけど、大丈夫?

※ご注意
使い方がよくわからないときには、歯科医院にご相談下さい。
糸が引っかかったり切れたりしやすい場合は、歯と歯の間にムシ歯がある恐れがありますので、歯科医院でご相談ください。
衛生上、毎回新しいものを使用するようにしてください。
歯ぐきに炎症がある場合には出血することがありますが、毎日の使用で次第に出血が少なくなってきます。
出血が続くようでしたらお口に異常がある場合があります。お早めに歯科医院にご相談ください。

5.デンタルフロスの使用法

デンタルフロスは歯と歯の間に詰まった食べカスを取り除くためだけではなく、
歯周病の対策に効果的なことをご存知でしたか?初心者の方にもわかりやすく
フロスの持ち方からご説明いたしますので、ぜひ、正しい使い方を身につけてください。

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック