2、3歳児のいるパパママへ

こんばんは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜はどんよりと曇り湿った風が吹いております。
今夜はこれから台風6号が関東を直撃するようで急に雨風が強まるらしいです。
明日は30度まで上がる暑さになるようです(ー_ー)!!
5月に台風が来るのは記憶にないですね。

今回は2,3歳児のいるおやごさんにたいするブログです。
当院の患者さんに4歳の女の子がいます。その子は上の前歯だけひどい虫歯で当院に来た時は
歯が欠けて痛いのに、歯科が怖くきちんとした治療が出来ない状態でした。
そしてお母さんが抑えてでもやって欲しいと言う熱意のある方なのでどうにか
治療を行って現在に至ります。大事なことはここからで前歯のみ虫歯があり、奥歯はまったく虫歯がないのです。
これって不思議ですよね?前歯が崩壊するほどの虫歯がある子なのに、奥歯は虫歯がなく綺麗なのです。
お母さんに疑問に思って尋ねました。2歳くらいの時どんなお菓子をあげていましたか?
お母さんはその時飴を頻繁に食べさせていました。虫歯で歯が欠けてから甘い物をあまり与えないように
して今は先生の話を聞いて煎餅を食べるようにしています。という答えが返ってきました。
虫歯はショ糖(砂糖)と虫歯菌の併せ技ですのでショ糖の接種がなければもしくは少なければ
基本的に虫歯にはならないのです。また別のお子さんですが、2歳の男の子で毎日アンパンマンキャンディーを
なめていたそうです。その結果前歯の歯と歯の間に虫歯が出来ました。しかし、当院に来て
私が指導してからはキシリトールやシュガーレスの飴をなめるようになり、健診で
虫歯は進行しておりませんし、奥歯にも虫歯はありません。この結果からやはりショ糖の接種が
虫歯になることのキーポイントになることが明らかです。ぜひこれを読んだおやごさんはお子様に対する
食生活に注意してくださいね!!!うちの子供は1歳と2歳ですが二人とも煎餅が大好きです。
そしてケーキは一口食べたら後はいらないと言います。飴は当然一度もあげたことはありません。
おそらく彼らは虫歯にならないでしょう。

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方、
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科までお越し下さい。

久喜 歯医者 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき

©2014いしはた歯科クリニック