歯磨き粉はつけすぎ注意

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は晴天です。まだ真夏の暑さはないですが、日差しは大変強いです(^O^)

今回は歯磨き粉に関して書きます。
患者さんの割と多くが歯ブラシの毛のはじからはじまで
歯磨き粉をべったりつけるものだと思っている方がいます。
我々歯科医は国家試験の勉強で歯磨きについて勉強するのですが
歯磨き粉は基本成分が研磨剤、発泡剤、保湿剤、結合材から構成
されています。研磨剤が入っているので、汚れも落としつつ歯の表面を少しづつ削り、綺麗な歯に戻るわけです。
ですので歯磨き粉のつけすぎはよくありません。また発泡剤も入っているので歯磨き粉を沢山つけると泡立ちます。
そうするとみなさん発泡剤の爽快感で磨き残しがあっても磨いた気になってしまうのです。これが一番良くないです。
歯磨き粉をつけずぎて磨いた気になるのにしっかり磨けていないと歯茎は腫れますし、研磨剤で歯はすり減ります((+_+))
いいことは何一つないので歯磨き粉のつけすぎにはご注意を!!適切な量としては歯ブラシの縦幅の3分の1で十分です。
これを良く覚えておいてください。
いしはた歯科クリニックではお子様の虫歯予防にはチェックアップジェル
大人の虫歯予防にはジェルコートやチェックアップスタンダード、大人の知覚過敏には
シュミテクトかヒスケア、大人の歯周病予防にはコンクールかリペリオを推奨しております。
歯磨き粉に関して何かご質問があれば遠慮なく当院スタッフまで尋ねて下さい!

親知らずの抜歯のこと、インプラントを検討されている方、顎の違和感やかみ合わせ、入れ歯でお悩みの方
歯や顎、お口の違和感や心配事がお悩みのある方はご相談のみでも構いません。
また6か月以上歯科健診を受けていない方がいらっしゃいましたら
定期健診で現状のお口の中の状況を把握するべきです。
その時は是非お気軽にいしはた歯科クリニックまでお越し下さい。

久喜 歯科 いしはた歯科クリニック 電話 0480-24-6480 Dr かずき 

©2014いしはた歯科クリニック